東レPPOテニス2016大会サイトはこちら

2015年試合結果 [ポストマッチインタビュー]

9月23日(水・祝)シングルス2回戦   キャロライン・ウォズニアッキ選手(デンマーク)

センターコート 第5試合   1 2 3
キャロライン・ウォズニアッキ (DEN)
6 6  
アナ・コニュ (CRO)
2 2  

Q.先ほどの試合の感想を頂けますでしょうか?
A.まずトーナメントの最初の試合というのは、いつもタフなものなんですけれども、今日に限っては言えば、とてもいいリズムで戦えたと思います。サービスもリターンもそこそこできたんではないかと思いますが、ややいくつか修正点はあったと思いますけれども、その点はまた今後改善していきたいと思います。

Q.トーナメント初戦がタフだとおっしゃってましたけれども、それは特に相手が、今日は予選を立ち上がってきた選手であるからでしょうか? 予選を勝ち上がってきたというのは、もうすでにコートにも慣れているなど有利な点があると思われますが、そういったところが難しい点でしたか?
A.今日タフだったというのは、主だっていえば、USオープンから試合をしていなかったので、試合におけるリズムというのを自分がつかめるかどうか、というところが難しいと思っていたところでしたけれども、まあ運よく今日の相手のコニュ選手、非常に力強い選手、パワーも持ち合わせていますので、その点難しいところも出てくると思ったんですけれども、実際コートに立ってみると、実に自然にいられた居心地良くいられて、いい試合ができたという感じだったので、リズムはつかめたかなと思います。

Q.全米オープンから試合をしていなかったということですが、それはあえてオフ期間をということでしょうか?
A.そうですね。テニスをしたくなかったというのは理由です。試合しようということすら考えずに、まあもちろん、人生の中には他にやることもありますので、そういったことに時間を費やしたいと思って過ごしていました。

Q.ステーシー・アリスタさん、WTAのCCOの方がお辞めになるということを聞いたのですが、そのことはご存知ですか?
A.そうですね、彼女は10月に辞められるということです。

Q.彼女がWTAにどれだけの貢献をしたのか?
A.ステーシーさんは非常にWTAに貢献をしてくれた方で、われわれ選手たちにも、とてもよくしてくださいました。非常によい道を作ってくれましたし、高額な賞金を得られるようにも努力もしてくださいました。ですので、ただ彼女もより多くの時間を家庭で過ごすということを選択して、決断されたということですので、その気持ちはとても私たちとしても、よくわかるつもりでいます。彼女にかわる新しい方も素晴らしい方だと聞いていますので、われわれにとっては、またよいWTAになっていくと思います。ステーシーさんには今後の人生を楽しんでもらいたいと思いますし、お辞めになる前にまたもう一度お会いできればと思っています。

Q.次の試合はA・ケルバー選手になるんですけれども、どういうプレーをしたいとか、何かプランはありますか?
A.彼女とは何度も何度も対戦していまして、前回はシュッツットガルトで3セット3時間以上かかったにも試合を負けていますけれども、とりあえず今日の勝利を明日はオフなので味わって、そのオフの中でゆっくりと次の試合のことを考えたいと思います。
  • チケットはこちら
  • 試合結果