• TOPICS トピックス
  • EVENT イベント
  • HIGHLIGHT TODAY'S 本日の見どころ
  • TICKET チケット
  • 試合予定と結果
  • TV Schedule TV放送スケジュール
  • PLAYERS 出場選手
  • フォトギャラリー
  • MOVIE GALLERY ビデオギャラリー
  • ACCESS アクセス
  • VENUE MAP 会場マップ
  • EVENT MAP イベント広場マップ
  • OUTLINE 大会概要
  • HISTORY 大会の歴史
  • MAIL MAGAZINE メールマガジン
  • SPONSOR スポンサー

大会の歴史

大会の歴史
過去の大会情報はこちらから

第33回大会 2016年9月17日(土)~9月25日(日)

第33回大会パンフレット
会場 有明コロシアム及び有明テニスの森公園コート
賞金総額 US$ 1,000,000
優勝者 シングルス キャロライン・ウォズニアッキ
  ダブルス サニア・ミルザ/バルボラ・ストリコバ組

ウォズニアッキが6年ぶり2度目の優勝!
大坂なおみは初優勝ならず、来年の雪辱を誓う。

キャロライン・ウォズニアッキ

たくさんのファンが見守る中で、23度のツアー優勝を誇るキャロライン・ウォズニアッキに挑んだ18歳の大坂なおみ。自身ツアー初、また日本勢では、1995年の伊達公子以来21年ぶりの決勝進出でしたが、ウォズニアッキが元女王の貫録を見せて7-5 6-3のストレートで大坂を退け、6年ぶり2度目の優勝を果たしました。

今シーズンは相次ぐ故障でランキングを落としていたウォズニアッキは、昨年の2月以来となるツアー優勝に「2008年以来、毎年優勝を続けてきていたので、それを今年も成し遂げられてうれしい。このよい流れを継続していきたい」と、再びのトップ10入りへ大きな手応えを得た大会となりました。
また、大坂は第1セットを接戦の末に失うと、右肩を痛めた影響もあって最大の武器であるビッグサーブも鳴りを潜め、第2セットは0-5。それでも、そこから3ゲームを挽回して有明のファンを大いに盛り上げました。
ウォズニアッキからは「すばらしい選手。これから何度も決勝で対戦することになると思う」とたたえられました。

シングルス

シングルス優勝
シングルス トーナメント表

ダブルス

ダブルス優勝
ダブルス トーナメント表
  • 表彰式

    表彰式

  • 2016年優勝 キャロライン・ウォズニアッキ選手

    2016年優勝
    キャロライン・ウォズニアッキ選手

  • 2016年準優勝 大坂なおみ選手

    2016年準優勝
    大坂なおみ選手

  • エキシビションマッチ(車いすテニス) 上地結衣選手・二條実穂選手・沢松奈生子元選手

    エキシビションマッチ
    (車いすテニス)
    上地結衣選手・二條実穂選手・
    沢松奈生子元選手

  • キッズテニス 出場選手がゲストコーチ

    キッズテニス
    出場選手がゲストコーチ

  • 浴衣で羽子板 ラドワンスカ選手・プイグ選手・ムーア選手

    浴衣で羽子板
    ラドワンスカ選手・
    プイグ選手・ムーア選手

ページTOPへ