• TOPICS トピックス
  • EVENT イベント
  • HIGHLIGHT TODAY'S 本日の見どころ
  • TICKET チケット
  • 試合予定&結果
  • LIVE SCORE ライブスコア
  • TV Schedule TV放送スケジュール
  • PLAYERS 出場選手
  • PHOTO GALLERY フォトギャラリー
  • MOVIE GALLERY ビデオギャラリー
  • ACCESS アクセス
  • VENUE MAP 会場マップ
  • OUTLINE 大会概要
  • HISTORY 大会の歴史
  • MAIL MAGAZINE メールマガジン
  • SPONSOR スポンサー

ポストマッチインタビュー

モニカ・プイグ 選手(プエルトリコ)

2016年9月21日(水)

シングルス 2回戦

センターコート 第2試合   1 2 3
[WC] ペトラ・クビトバ (CZE) [7]
6 4 4
モニカ・プイグ (PUR)
1 6 6

今日の試合の感想をお聞かせください。

今日は非常に厳しいコンディションで、屋根があいていたことで何か全てが重たく感じました。それでも、私は一生懸命くらいついていき、いい結果を出すことができうれしいです。

屋根が開いたいつもと違う状況で、どのようにアジャストしましたか?

今日のコンディションは本当に全てが重たく感じました。特に私にとってはボールが通常よりも重たく感じました.屋根が開いていて少し妙な感じがしたため自分の思うようにボールが打てず失点をした場面もありました.それでも何とか集中力を欠かさずに常にボールを一生懸命追いかけて、走っていった先にボールがあれば全力で打つということが出来たので、このように自分が食い下がって言った形としては満足のいったところです。シーズンを通してこういうときもありますので、こういったメンタリティをしっかりもてていることは良いことだと思います。

これまでのクビトバ選手との対戦を踏まえて、今回の試合はどういう風に戦おうと思いましたか?

前回に対戦したときもフルセットまで行き、とても接戦でした。彼女は思いっきり強くボールをたたいてくるし、アグレッシブなスタイルでチャンスがあれば思いっきり打ってくる人なのでこちらとしてはとにかく足を使ってボールに食らいついていく、どんどんボールを走って追いかけていくということをしなければなりません。その点に関しては今日良く出来ていたと思いますし、試合の中で諦めずにじっくりと戦うことで自分のテニスも見えてきたと思っています。今日私がしっかりと戦うことが出来たのは非常に喜ばしいことだと思います。

第2セットで雨のためにやや中断がありましたが、どのように切り抜けたのでしょうか?

確かにあそこは少し厳しい場面でした、というのも第2セット終わったところでクビトバ選手がトイレに行ったのでそこで少し間が開いたこと。さらに第3セット終わったところで1セット中断ということで、全体で約10分待たされました。そこで集中力を欠かさないことは自分の中でも大変なことでした。けれどもそこでしっかりサービスゲームをキープして、序盤でブレイクされましたがそこから崩れるのではなく、何とかくらいついて接戦を保とうと踏ん張ろうと考えていました。たださっきも言ったとおり、本当にボールが重たくサーブをするのも非常に難しいコンディションでした。何とかそれを切り抜けられたのは良かったんですけれども、こういったことも何度もおきるのだなということも学びました。常にどんな状況でも準備をして対処できるようにしておかなければいけないというのは今日学んだところですし、今日は本当にどちらに転んでもおかしくない状況だったので、勝ててよかったと思います。

リオオリンピックで金メダルを取ってからプレースタイルなどで変わった点はありますか?

特にそういうのはないと思っています。もちろん常にどのような段階でもこれまでと何が違っていたか、そしてこれからよくしていけるものは何かをチームの中で話し合ってどんどん良くしていこうというのは当然です。ですから、そういった点では体調面、戦術面をしっかりした持ち味のテニスを出来るか、全てを向上させていこうと常に思っています。そういった意味では毎回、毎大会後あるいはシーズンが終わるたびに少なからず前よりは良くしようという努力はしているところですが、何かオリンピックから大きく変えたところがあるかというとないと思います。

第3セットで3-4とリードされている場面もあり、そこでブレイクをしたのですが、その場面での難しさというのはどのようなものでしたか?

確かに第4セット、彼女に4-3とリードされていて、とても長い試合になっている中でそこからまたブレーバックしていかなければいけないというのは非常に厳しい状況でありました。しかしそこで何とかポイントを取れるようにくらいついていき、4-4になったところで自分のサービスゲームで私は1stサーブを1つもミスしていないと思います。そのことが逆に彼女のリターンミスを誘うことに繋がったと思います.こういった長い試合になったときにはどのように自分の試合を組み立てるかというのは非常に重要になるところであり、試合の終盤に向けて集中力をあげて、手堅く攻めていくということは本当に重要になるなということを改めて感じました。クビトバ選手も非常いい選手そして強い選手ですので終盤に入っても何を繰り出してくるかわかりません。それに対しても十分に準備をしなければなりませんが、今日は非常に良く出来たと思います。

ベスト8に残ったわけですが優勝に向けての意気込みをお聞かせください。

どの大会でも当然優勝というのを最終的なゴール、目標としていて、1つ1つの試合を着実に進んでいけるようにしたいと思っています。どの段階でも少しずつ向上していって、1つ1つの試合でトーナメントが進んでいく中で自分としてよいテニスを心がけ、少しでもいいテニスをしよう、前回よりも良いテニスをしようという風に心がけています。そこに関しては良い集中力を今のところ保てていますし、良い形で進んできているのではないかと思っています。
ページTOPへ