• TOPICS トピックス
  • EVENT イベント
  • HIGHLIGHT TODAY'S 本日の見どころ
  • TICKET チケット
  • 試合予定と結果
  • TV Schedule TV放送スケジュール
  • PLAYERS 出場選手
  • フォトギャラリー
  • MOVIE GALLERY ビデオギャラリー
  • ACCESS アクセス
  • VENUE MAP 会場マップ
  • EVENT MAP イベント広場マップ
  • OUTLINE 大会概要
  • HISTORY 大会の歴史
  • MAIL MAGAZINE メールマガジン
  • SPONSOR スポンサー

ポストマッチインタビュー

アンゲリク・ケルバー 選手(ドイツ)

2017年9月18日(月・祝)

シングルス 1回戦

センターコート 第3試合   1 2 3
[7] アンゲリク・ケルバー (GER)
6 6  
大坂 なおみ (JPN)
3 4  

まず今の試合が終わった感想を一言いただけますでしょうか。

非常にタフなマッチだったと思っています。特に2・3週間前に対戦して負けたばかりでしたので。ただその試合からできるだけポジティブな部分を取って、前回負けた時よりも良い試合にしようという思いで臨みました。その結果今日は前回よりもはるかに良い試合ができたと思っています。3週間経って彼女ともう一度対戦しましたけれども、今回これだけ良い結果が出せたのは良かったです。

具体的に大坂選手への対策っていうのは何か練って臨まれたのかというところと、あと今日具体的にこれがうまくいったから勝てたっていう何か要因があれば教えてください。

そうですね。昨日コーチと話をしたんですけども、とにかく前回よりは良い形を作ろうと、特に自分がコートでしっかりとテニスができるようにしたいという風に思っていましたので、結果的に今日はサーブもサービスも前回より良くなりました。またアグレッシブにいけるチャンスがあった時に、そこで自分らしさを出して、積極的に攻められたと思っています。

ウェアを全米の時とは違うものを着用されてたんですけど、何か意味があって変えたのでしょうか。

いいえ。特に何か変えるということではなくて、次のコレクションに進んだということです。

大阪選手は非常にパワーがある選手で強打が凄いんですけども、その点どういう風に対策を立てて打たれないようにしたのかを教えてください。

そうですね、やはり前回のUS OPENで対戦していましたので、その時に彼女がどういった型で攻めてくるかというのも十分分かったつもりでいました。とにかくそのパワー溢れるサービスに対しては絶対に打ち返していこうと、その力強く速いサーブには十分準備をしていこうという風に思っていましたし、今日も実際にファーストサーブでとても速いサーブを打ってきましたが、それも十分こちらでは予期できていましたので、それに対してはしっかり対応できるつもりで臨みました。

ラリーの中でもクイックなボールばかりじゃなくて、スローなボールも混ぜて、大阪選手のミスをさそっていたように見えたんですけどそのあたりも上手く働いたところでしょうか。

そうですね、やはりそういった形にもっていくというのが自分らしさであると思っていますので、それは確かに前回の対戦よりもよくできたと思っています。強く打ってくる球を何とか打ち返して、それも角度と速度を変えて打ち返すことで彼女のリズムを崩すことができたと思いますし、それは私らしさを出していこうと思いそこに集中していったために出来た戦略だと思っています。それがうまく今日の試合には生かせました。
ページTOPへ