• TOPICS トピックス
  • EVENT イベント
  • HIGHLIGHT TODAY'S 本日の見どころ
  • TICKET チケット
  • 試合予定と結果
  • TV Schedule TV放送スケジュール
  • PLAYERS 出場選手
  • フォトギャラリー
  • MOVIE GALLERY ビデオギャラリー
  • ACCESS アクセス
  • VENUE MAP 会場マップ
  • EVENT MAP イベント広場マップ
  • OUTLINE 大会概要
  • HISTORY 大会の歴史
  • MAIL MAGAZINE メールマガジン
  • SPONSOR スポンサー

ポストマッチインタビュー

二宮 真琴 選手(日本) レナタ・ボラコバ 選手(チェコ)

2017年9月20日(水)

ダブルス 1回戦

センターコート 第1試合   1 2 3
[WC] 大坂 まり (JPN)
大坂 なおみ (JPN)
5 4  
二宮 真琴 (JPN)
レナタ・ボラコバ (CZE)
7 6  

いまの試合が終わって一言づつお願いします。

二宮選手(写真左)
はじめて大坂さんペアと対戦して、妹さんの球をはじめて受けたのですごい重いっていう印象と、やっぱり上のレベルで戦っているのでパワーや攻撃力がすごいと感じました。しかし、自分たちのダブルスのプレーをすれば、チャンスはあると思っていたので。まあ、まだまだ直すところはあるんですけど自分たちのプレーを常に出せたのでそこは良かったと思います。

ボラコバ選手(写真右)
私も同じで、二人とも非常にタフで素晴らしいサーブを打ってくる選手でしたので、二宮さんが言っていた通り、自分たちの試合をするしかないといけないと思っていましたし、できるだけアグレッシブに攻めていき相手にプレッシャーをかけ続けてすべてのポイントで私たちが取れるというような努力を続けていくしかないという思いで戦いました。

相手はそこまでダブルスらしい動きはしてなかったと思いますけど、どういうところを試合を進める中で攻めていこうと話し合ったのでしょうか。

二宮選手
たぶんダブルスの経験は少なかったと思いますけど、サーブやストロークの威力がすごいので、セカンドサーブになったらストレートアタックを増やしたり、自分たちのサービスゲームはサーブからスイッチプレーやアイフォメーションなど、自分たちが積極的に前にでようと心掛けていたので、それらを二人で話し合いながらプレーしました。

ボラコバ選手
そうですね、やはり相手のサーブは素晴らしいので、それを何とかブレイクしていかなければいけないと思いましたし、できるだけスマートにプレイをして相手の良いストロークの後もくらいついていけるよう心掛けました。

お二人にお聞きしたいのですけれども、ダブルスの実績としては自分たちの方が上だという思い、気持ちの面で負けられないという思いは試合に入る前ありましたか。

二宮選手
やはりダブルスの経験からすると私たちの方がたくさん経験していると思うので、そこはやっぱり、大坂さんは強いですけど自分たちは負けたくないって思いが強くて、私も去年は一回戦勝っているので今年は絶対去年より上に行きたいという思いもあったので、そこだけは負けたくないという思いがありました。

ボラコバ選手
コートに上がるときは常に自分たちのベストのテニスをしたいと思っていますし、どの試合でも全力を尽くしたい、すべてのポイントにしっかりと準備をして臨みたいと思ってプレーをしているので、それを変わらず今日もできたかなと思っています。

オンコートでもありましたけど、二宮さん、カープが勝ってどんな気持ちかっていうのと、カープグッズは今大会つけてたりするんですか。あと、ボラコバさんとそんな話をしたり伝えたりしたことはあるんでしょうか。

二宮選手
カープが優勝して、私も「頑張ろう」って思いはすごい強いんですけど、今回もウィンブルドンの時と同じカープの髪留めをつけてます。彼女(ボラコバ選手)には「その髪留め何?」っていう風に聞かれた事があって「私が好きな日本の野球チームだよ」っていう風に伝えていて、でもそれ以上は特に話してないんですけど(笑)

お二人がペアを組んだきっかけみたいなものがあったら教えていただきたいのですが、どういったいきさつでペアを組んだんですか。

二宮選手
ウィンブルドンの前に私からメッセージで「ウィンブルドン一緒に組みませんか?」という風に声をかけたのが最初で、それからはウィンブドンで結構いいプレーができたので、今度「この後も一緒にプレーしてみないか?」ってボラコバ選手から言っていただいたので、今トライしています。

ボラコバ選手
どうして私を選んでもらったのかよく分からなかったんですけれども、でもおっしゃっていた通り、私にアプローチしてくださったのでペアを組んで、そしてウィンブルドンではセミファイナルと私たちの中ではこれまでで最高の結果を出せたので、これから先もまたアジアでのツアーで一緒にやっていこうと決めましたし、今後もこれからと同様に良いペアとして良いテニスができればと思っています。
ページTOPへ