• TOPICS トピックス
  • EVENT イベント
  • HIGHLIGHT TODAY'S 本日の見どころ
  • TICKET チケット
  • 試合予定と結果
  • TV Schedule TV放送スケジュール
  • PLAYERS 出場選手
  • フォトギャラリー
  • MOVIE GALLERY ビデオギャラリー
  • ACCESS アクセス
  • VENUE MAP 会場マップ
  • EVENT MAP イベント広場マップ
  • OUTLINE 大会概要
  • HISTORY 大会の歴史
  • MAIL MAGAZINE メールマガジン
  • SPONSOR スポンサー

ポストマッチインタビュー

カロリナ・プリスコバ 選手(チェコ)

2017年9月20日(水)

シングルス 2回戦

センターコート 第3試合   1 2 3
[Q] マグダ・リネッテ (POL)
2 1  
[2] カロリナ・プリスコバ (CZE)
6 6  

先ほどの試合を振り返って一言お願いします。

うまく戦えたかなと思っています。対戦相手はこの間ニューヨークでも一緒にプレーしたばかりなので、彼女との戦い方はある程度わかっていたつもりです。それを念頭に置いて戦いました。まあ、あのポイントとそれからサーブに関してはうまくいったと思います。取られたところもありますが、総括するとうまくいったと思います。

夏、数カ月の間NO.1でしたが、今は残念ながらそこから少し落ちてしまったということですけれども、いかがでしょうか。やはり早く返り咲きたいと思われるでしょうか。

私のゴールとしてはランキング1位というものを今念頭に置いているわけではありませんので、もちろんシーズン終わりですね、年末にかけてランキング1位で終われれば素晴らしいなと思いますけれども、まだシーズンの残りがありますのでいくつかタイトルをとれたらというふうに思います。ただ、1位を経験して非常に視点が変わったというか、いい経験になりました。きちんと今後もゲームを続けていけば、結果はついてくると思います。

この1週間前に、クリスティーナ選手(姉)が日本でプレーしていて、そのあとカロリナ選手が来たんですけど、クリスティーナ選手が日本にいるときに日本について何か話はしましたか。
双子で、二人でツアーを回ってるっていうのは、いいことと悪いことを教えてください。

先週こちらに来ていて、セカンドラウンドまで行ったんですけれども、まだトーナメント中ということで、残念ながらまだ彼女には会えていません。日本に関する何かアドバイスとか情報とかもらったかということに関して、私も日本、東京に何回か来ておりますので特にアドバイスは必要としていないという風に思います。特に何も話していません。非常にいい関係で仲良しの姉妹です。なかなかスケジュールが合わないので一緒に会うことも難しいんですけど、北京に来る予定なので北京で会えたらいいなと思っています。それからダブルスに関しても、来年度一緒にできたらいいなと思います。ここ数年間ダブルスできていませんので。いずれにせよ仲の良い、特に家族のメンバーと旅行できる、一緒にツアーに出られるのはいいことだと思います。もっと時間を取りたいなと思います。

オフシーズンだったら、一緒に練習したりしてるのでしょうか。お二人の性格ってどんな感じですか。

チームも違ってコーチも違って、残念ながらなかなかスケジュールが合わないので、オフシーズンに一緒に練習することはほとんどありません。ただ、練習という形じゃなくても、姉妹なので、一緒に時間を使って話をしたりすることはあります。
そうですね、似ているのか、違いがあるのかってことでしたよね。双子として。違うところもあります。総括すると、双子なのでよく似ていると言われます。その個性というか性格よりも見かけの方が似ているところが多いのかなと思っています。

1位を経験されたことで、ご自身の中で何か変わったこととか得たことはありますか。

そうですね、ランキング1位だったのは比較的短い時間、数週間のことでしたので、自分自身が変わったかといわれると、変わっていないというふうに思います。何回かランキング1位でトーナメントに出ることができて非常にいい経験は得られたという風に思っています。願わくは、当然、またランキング1位に返り咲きたいというふうに思っています。そしてですね、この重圧、プレッシャーをうまくハンドルできるようになりたいと思っています。

テニスに関して、子供の頃は双子のクリスティーナ選手とどちらが上手かったのでしょうか。

子供の頃は彼女の方が自分よりも上手かったです。ジュニアの初期において、ランキングも彼女の方がずっと上でしたし、ITFでも彼女の方が上の時期がありました。Women’sのTOP100に入ったのも彼女が先でした。おそらくそれが逆転したのが18歳か19歳の頃だったと思います。
ページTOPへ