• TOPICS トピックス
  • EVENT イベント
  • HIGHLIGHT TODAY'S 本日の見どころ
  • TICKET チケット
  • 試合予定と結果
  • TV Schedule TV放送スケジュール
  • PLAYERS 出場選手
  • フォトギャラリー
  • MOVIE GALLERY ビデオギャラリー
  • ACCESS アクセス
  • VENUE MAP 会場マップ
  • EVENT MAP イベント広場マップ
  • OUTLINE 大会概要
  • HISTORY 大会の歴史
  • MAIL MAGAZINE メールマガジン
  • SPONSOR スポンサー

ポストマッチインタビュー

二宮 真琴 選手(日本) レナタ・ボラコバ 選手(チェコ)

2017年9月21日(木)

ダブルス 準々決勝

コート 1 第1試合   1 2 3
アリシア・ロソルスカ (POL)
[3] アビゲイル・スピアーズ (USA)
5 6 5
二宮 真琴 (JPN)
レナタ・ボラコバ (CZE)
7 1 10

まず今の試合終わりまして一言ずついただけますでしょうか。

二宮選手
今日対戦した相手は、私は初めて対戦したんですけど、やっぱりダブルスが結構上手な二人だったので、でも私たちの積極的なプレーをやろうと思って入っていって、1セット目は数少ないチャンスをものにできてとれたんですが、2セット目はちょっと私が消極的になってしまい、ゲームが離されてしまったんですけど、まぁファイナルで気持ちを切り替えて、パートナーとも話して、10ポイントだから、もう思い切っていこうという風に話して、思い切りできたのが勝ちにつながりました。

ボラコバ選手
今日とても良い試合ができたという風に思っています。第2セット落としてしまいましたが、それについても、私たちの試合の仕方に関して私はポジティブに感じてました。最終的に勝てたのでとても嬉しいです。

ダブルスってツアーの場合だと、ノーアド10ポイントマッチタイブレイクがあって、グランドスラムとかだとそうじゃないって2つのルールでやってますけれど、そのあたりのどっちがやりやすいとか、あと特にその、ノーアドだから、あと10ポイントマッチブレイクだからって気をつけてるところはありますか。

二宮選手
やっぱりノーアドだと、どちらにもチャンスがあると思うので、グランドスラムでは、デュースになってもつれたりもしますけど、ノーアドの方が相手が自分よりレベルが上のプレーヤーでも、ノーアドになれば自分たちにもチャンスがあるので、そこでは思い切ったプレーで一か八かくらいの勢いでプレーしようっていう風に心がけます。

ボラコバ選手
もちろん、10ポイント制のそのタイブレイクの3セット目なのかフルマッチなのかというような違いはあったとしても、準備の仕方としては何も変わりません。自分なりに精一杯の試合をするだけです。ただもちろん、その10ポイント制の場合には、ほんの数ポイントとられただけで試合に負けてしまうというようなリスクは高くなります。今日の場合はストロークが上手くいって勝てて良かったんですけれども、ただその試合中に、これが10ポイントなのか、フルセットなのかというようなことで、試合の仕方が変わるというわけではありません。常にベストを尽くして勝とうとしています。

二宮さんにお伺いします。ウィンブルドンから、ダブルスとしての成熟がどんな風に成長してきて、今東レでも成績を残せてるかっていうことを教えてください。どんなところが良くなったかとか。

二宮選手
その自分がやるべきプレーっていうのを、自分の中で結構整理できてきていて、ウィンブルドンではお互い積極的なプレーが出来ていたんですけど、私が、もっと前で仕事ができればポイントがつながるパターンや、後ろの時にはもっと作ったり自分が後ろから積極的に攻めるっていうのを、ずっと練習してきているので、まぁ自分の中でもまとまってきていて、だんだん良くなってきているのかなと思います。

二宮さんにお伺いします。あまり真面目に答えていただかなくてもいい質問なんですが、初対戦とおっしゃいましたが、一昨日の羽根つき(本大会のイベント)で、負けてる相手でしたが、その時の雪辱を果たしてやろうという気持ちはちょっとなかったでしょうか。

二宮選手
試合に入る前に、あーそういえば羽根つきで負けたな~とは思ったんですけど、試合入ったらそんなことは思ってなくて、終わってからそういえば羽根つき負けたペアに勝ったと思ってちょっとそこは嬉しかったです。

お二人に聞きたいんですけど、今日完全にホームの雰囲気だったと思うんですけど、やっていて、他のツアーだとか、試合と比べてどんな違いがあったか教えてください。

二宮選手
平日にもかかわらず、たくさんのお客さんが1番コートで待ってくださっていて、コートに入った時にすごく、観客の多さにびっくりしていて、二人で、“ウィンブルドンの1回戦、2回戦より人がすごいね”っていう風に話して入ったんですけど、んー、だからまだ2回戦なのに、こんなにたくさんのお客さんが応援しに来てくださってるのはすごく嬉しいですし、私にとってはホームなので、すごい歓声をたくさんいただいて、私はすごく力になりました。

ボラコバ選手
今日本当に素晴らしい観客の方たちにたくさん来ていただきまして、心から感謝してます。私自身もホームだなぁという風に感じながら試合をすることが出来て、そういった気持ちを味わうことが出来ました。そして彼らからたくさんのエネルギーをもらって助けられました。

では最後に、明日以降の意気込みを一人ずつお願いします。

二宮選手
明日も気持ち的には同じで、自分たちの積極的なプレーをするっていうのを目標にしていて、相手がまだわからないんですけど、決勝に進んで少しでも多くポイントと賞金を稼げるように頑張ります。

ボラコバ選手
どの試合もそうですけど、毎試合ベストをただ尽くすのみです。そして私たちの試合は、どんどん良くなってきているという風に感じています。ですので、明日も是非満員の観客の方たちに来ていただいて、そしていい試合を見ていただきたいという風に思いますし、また、熱い応援をしていただきたいという風に思います。
ページTOPへ