• TOPICS トピックス
  • EVENT イベント
  • HIGHLIGHT TODAY'S 本日の見どころ
  • TICKET チケット
  • 試合予定と結果
  • TV Schedule TV放送スケジュール
  • PLAYERS 出場選手
  • フォトギャラリー
  • MOVIE GALLERY ビデオギャラリー
  • ACCESS アクセス
  • VENUE MAP 会場マップ
  • EVENT MAP イベント広場マップ
  • OUTLINE 大会概要
  • HISTORY 大会の歴史
  • MAIL MAGAZINE メールマガジン
  • SPONSOR スポンサー

ポストマッチインタビュー

アンゲリク・ケルバー 選手(ドイツ)

2016年9月22日(金)

シングルス 準々決勝

センターコート 第2試合   1 2 3
[7] アンゲリク・ケルバー (GER)
7 7  
[2] カロリナ・プリスコバ (CZE)
6(5) 5  

タフな試合が終わった後ですが、一言頂けますでしょうか。

今日は両者にとって、とてもいい試合だったと思います。もちろん私にとってはいい試合で終えられたと思います。試合の最初からとてもいいテニスができましたし、もちろんプリスコバ選手もいい相手です。戦うときには厳しい相手でハーフコートも素晴らしいですし、サーブも素晴らしい選手ですけれども、なんとか私も私らしいテニスができて良い試合を作ることができたと思います。

去年はグランドスラムを2つ勝利したにも関わらず、今のランキングはおそらく14位くらいだったと思います。そこは少し思わしくないのではないかと思うのですが、去年のような素晴らしい活躍ができるところへ戻っていくためにはどういったことが必要だと考えられますか。

今は実際にランキングなどを考えているわけではありません。確かに去年は素晴らしい1年間を過ごし、今年に入ってからはやや波があって過ごしてきたとは思いますが、今でも当然私は世界のトッププレイヤーたちを相手に十分戦え、渡り合えると思っていますし、最終的にはそこ(ランキング1位)が目標となります。なので、ひとつひとつの試合でしっかりと自分らしさを出し、リズムを見つけながら戦っていけたら良いと思っています。特に去年のことと比べて気を揉むということもなく戦っていこうと思っています。

実際に1位になってみたプレッシャーというのはどのようなものがありますか。また、明日の対戦に向けての抱負をお願いいたします。

現時点では全くプレッシャーはなくなりました。今はそういったプレッシャーを感じずにいい試合をして勝利しようということに集中できています。やはり1位になったことで私もたくさんのことを学びました。どのようにして自分の中でプレッシャーをうまく処理して対応していくかということを学べた、ということも自分の中では大きなことだったと思います。こういう経験をもとに、これから先はシーズンの終わりに向けて一つずつ良い試合をしていくというところに集中したいと思っています。
明日の試合については、パブリュチェンコワ選手とは今年モンテレーで戦っています。今日も試合を見ていましたが、彼女は素晴らしい試合をしてアグレッシブなプレーを見せていたので、私もまたここで良いテニスをしなければいけないな、という気持ちになっているところです。彼女も試合の序盤から積極的に攻めてきますので、私もそれに負けずにできるだけアグレッシブなプレーが出来ればいいのではないかと思っています。

今日は本当に大接戦という展開でしたが、最後は何が勝敗を分けたと思いますか。

今日は本当にハイレベルな試合で、違いを探しても1つか2つくらいしかないのではないかと思います。第1セットのタイブレークというのは非常に重要なポイントになりましたし、彼女と私のどちらも素晴らしいサービスを見せられていたので、2セット目の最後のゲームでブレイクしたというのが一番のキーポイントになって勝敗を分けたのではないかなという風に思っています。
ページTOPへ