• TOPICS トピックス
  • EVENT イベント
  • HIGHLIGHT TODAY'S 本日の見どころ
  • TICKET チケット
  • 試合予定と結果
  • TV Schedule TV放送スケジュール
  • PLAYERS 出場選手
  • フォトギャラリー
  • MOVIE GALLERY ビデオギャラリー
  • ACCESS アクセス
  • VENUE MAP 会場マップ
  • EVENT MAP イベント広場マップ
  • OUTLINE 大会概要
  • HISTORY 大会の歴史
  • MAIL MAGAZINE メールマガジン
  • SPONSOR スポンサー

ポストマッチインタビュー

ガルビネ・ムグルザ 選手(スペイン)

2016年9月22日(金)

シングルス 準々決勝

センターコート 第3試合   1 2 3
[1] ガルビネ・ムグルザ (ESP)
6 6  
[9] キャロリン・ガルシア (FRA)
2 4  

試合を終えて一言感想をいただけますでしょうか。

今日は初めての対戦でしたので、どのような試合になるかということは事前に予測できませんでしたけれど、その中で勝てたのは嬉しく思っています。自分の試合を出すことができたと思いますし、自分らしい集中力を持って臨むことができました。特に一番大事なところでのポイントで私が上回れたというのが勝利につながったのではないかと思っています。

特にあなたにプレッシャーを与えようというつもりで言うのではないのですが、世界ランキング1位になったあとの最初の大会に臨むにあたって、この大会を勝つというのがいかに重要であるかとか考えていらっしゃいますか。

私は特に今そういう風に考えようとは思っていません。もちろん想いをはせることはできるだろうとは思いますけれども、とにかく今ある状況をそのまま受けいれて、今、私がすべきであることに集中していきたい。すべきであることというのは当然自分らしい試合を続けることであり、それは今このナンバーワンという立場に立って何か影響を受けて変わっているということはない状況です。

1位になって逆に特別な力が出たっていうことは何かありますか。

もちろんそれはあると思います。やはり子供の頃から夢見ていたこの地位に立っているわけですから、それはやはりここまで来られたということで自信にもなっていますし、さらにこの大事な位置をキープしようと努力することに対しても、やはりもっともっとやっていこうという気持ちになりますので、その点はやはり違いがあるのではないかと思っています。

次の準決勝でウォズ二アッキ選手と対戦する可能性が残っているわけですけれども、3年前に対戦して負けた相手ではありますが、それはやはり何か特別な意味をもって臨む形になるのでしょうか。

やはりトップレベルの選手と試合をするのは私にとってもとてもいいことだと思いますし、ウォズ二アッキ選手には、非常にいい試合を前回対戦した時にもされてしまっていましたから、特に彼女はこの大会で2回優勝経験がありますので、自分にとってもいいチャレンジになると思いますし、なんとか前回の屈辱をはらして私が勝てるように頑張りたいと思っています。

以前、今回の大会はプレーをするだけでなく、競い合うだけでなく、トレーニングの意味もあるとおっしゃっていましたけれども、実際いま大会が進む中でどのように過ごされていますか。

トレーニングをしながらさらに試合の中で勝負を争うというのは決して簡単なことではないですね。やはり身体の方にも疲れが出てくることもあります。単純にマッチに集中していくという状況とは違いますので、そういう疲れとどのように闘っていくかということはとても大事になってくるのですけど、今のところ今週の流れの中では非常に良い状態で過ごせています。
ページTOPへ