• TOPICS トピックス
  • EVENT イベント
  • HIGHLIGHT TODAY'S 本日の見どころ
  • TICKET チケット
  • 試合予定と結果
  • TV Schedule TV放送スケジュール
  • PLAYERS 出場選手
  • フォトギャラリー
  • MOVIE GALLERY ビデオギャラリー
  • ACCESS アクセス
  • VENUE MAP 会場マップ
  • EVENT MAP イベント広場マップ
  • OUTLINE 大会概要
  • HISTORY 大会の歴史
  • MAIL MAGAZINE メールマガジン
  • SPONSOR スポンサー

ポストマッチインタビュー

キャロライン・ウォズニアッキ 選手(デンマーク)

2017年9月23日(土・祝)

シングルス 準決勝

センターコート 第2試合   1 2 3
[1] ガルビネ・ムグルザ (ESP)
2 0  
[3] キャロライン・ウォズニアッキ (DEN)
6 6  

先ほどの試合を振り返って選手から感想をお願いします。

良い試合をしたと思います。非常にアグレッシブなプレーもできましたし、サーブもそれからリターンも上手くできました。

この大会、今までの成績がとても良いのですが、なぜでしょうか。

トーナメントによってはなぜか試合をする度に気分が良いトーナメントというのがあって、この大会は本当に毎年そういう大会になっています。コートも、それからボールも自分に合っていますし、みんながいつも以上に応援してくださいますので、それでさらに頑張る気持ちになります。

ここ2試合というのはいつも相手が先にポイントを取って、そして逆転をするという勝ち方でしたが今回は最初からずっと相手を突き放していました。それはなにか気持ちの面で違いがあったのでしょうか。

確かにいつも試合をする度に逆転をしようと思うのではなく、自分が最初からしっかりと相手にリードをしようと思っています。ただやはりチブルコバ選手(ドミニカ・チブルコバ選手)との試合というのが非常に大変でしたので、今回はこの試合に対しての心の準備がさらに整ってどんなにタフな試合になっても頑張れるという自信がついたのかもしれません。

新しい世界ランキング一位の選手に対してあんなに簡単に勝ってしまったわけですけれども、今日は相手が自分のプレーを全くできなかったことで少し同情すら感じましたか。

いいえ、とにかくコートに入ったら自分が勝つということしか考えてませんので、それに集中しています。もちろん、ああいうスコアになるとは思いませんでしたけれども、とにかく相手のことというよりも自分がボールに集中して、自分の試合に集中するということが大事です。

うまく戦えたということですが、今までと何がそんなに違ったのですか。この2試合と今日と。

よくわからないです。ただ過去の2試合でも非常に強い相手と試合をして相手も良い試合をして、どんなショットでも拾っていくような攻撃的な相手とプレーをしたので、今日は最初から相手をリードしていこう、とにかくゲームの初めから強い試合をしようというふうには決めていました。

明日連覇への意気込みと、パブリュチェンコワ選手(アナスタシア・パブリュチェンコワ選手)のイメージ、どんなふうに試合をしたいか話せる範囲でおねがいします。

明日どのように戦うかというゲームプランについては、ここでは言えません。実はまだ作ってはないんですけれども、もしも自分の頭の中であったとしてもここでは言えません。ただパブリュチェンコワ選手は非常に強い選手で今日も良い試合をしましたし、やはり絶対にあきらめない、どんなショットでもくらいついていく選手ですので、とにかく明日の決勝では自分自身決勝にふさわしい良い試合をしたいと思います。また決勝で戦うことができてよかったとも思っています。
ページTOPへ