• TOPICS トピックス
  • EVENT イベント
  • TICKET チケット
  • 試合予定と結果
  • ライブスコア
  • PLAYERS 出場選手
  • フォトギャラリー
  • MOVIE GALLERY ビデオギャラリー
  • ACCESS アクセス
  • VENUE MAP 会場マップ
  • OUTLINE 大会概要
  • HISTORY 大会の歴史
  • MAIL MAGAZINE メールマガジン
  • SPONSOR スポンサー

ポストマッチインタビュー

穂積 絵莉選手/二宮 真琴選手

2019年9月17日(火)

ダブルス 1回戦

No,1コート 第1試合 11:00開始 1 2 3
●穂積 絵莉(JPN)
●二宮 真琴(JPN)
4 6 10
リュドミラ・キチェノク(UKR)
アリソン・リスク(USA)
6 4 0

お疲れさまでした。まずはお二人に試合を終えての感想と、第2セットあの、中盤後半からあの段々ペースが上がってというか、調子が上がったというように見えましたけど、どのように戦ったかを教えてください。

穂積:えーと、そうですねファーストセットは、自分たちのやっていることは正しかったと思うんですけど、相手のサーブがやっぱりよくて、リターンが返せないリターンミスっていうのがすごく多くて。で、サービスゲームは良い形でキープしていても、や っぱりリターンゲームの内容があまりよくなくて。。で、ちょっと分が相手の方がよかったのかな?っていう感覚があって。ファーストセットを取られたときにトイレットブレークをとって、「リターンをどうやって返していくか」っていうのを二人で話し合ったときに、やっぱりツーバックして相手にこうもう、ボレーを。私はちょっと相手にボレーされるのが嫌でリターンを。ちょっと避けてミスしてしまっていたところがあったので、あの相手にボレーされても、まあ真琴も後ろにいるし取ってくれるから大丈夫っていうような気持でちょっと余裕を持たせて、やったらあのリターンも返るようになって。そっからあのラリー戦に持っていったらもうこっちのほうがちょっと分がいいなっていうのがあったので、そっからもう自分たちの思い通りにプレーができました。

二宮:私もサービスゲームは良い内容だったので、でもやっぱりリターンゲームだけだと思っていて。私もリターンがほとんど通らなくて。えーと、2セット目の途中に前に入って前衛に思いっきり狙おうと思って絵莉ちゃんにストレート打つわって言って、入ってそっからあの感覚がよくなったので、その1本がすごく大きかったです。


タイブレークでは、相手チームを圧倒できたと思うんですけど、二人でどういうふうに臨んで、そのマッチタイブレイクに臨んでいこうという話になったのでしょうか?

穂積:やっぱりもう10ポイントタイブレークは、もうあの半分運みたいなもので。まあすごく勢いとかも大事だと思ったので、やっぱり最初から自分たちでどんどんポイントを取っていって、あのスイッチを使ったりフォーメーションを使ったりして、こう相手がやってくるよりも先に自分たちがなにかを仕掛けていこうっていう気持ちで入りました。

二宮:相手はいつも組んでるペアではないので、それまでやられてたのも、そんなにストレートも打たれてないし、コーチも出られてたわけでもないので、自分たちから積極的に動いていこうと思って。で、あとは出だしを大事に強気でいけたのがよかったです。


日本でやってる一番大きな大会で、二宮さんはディフェンディングチャンピオンというのもありますが、それぞれこの大会・試合に挑む、緊張具合や心意気などはいかがでしたか?

穂積:やっぱり日本での大会で、あのー、この大会はかなりお客さんも入っているので、すごくやっぱりここで結果を残したいっていう気持ちはあるんですけど、それ以上に自分たちのいいプレーをお客さんに見せて、まあ勝ち負けももちろん大切ですけど、自分たちがいかにこう良いプレーをするかっていうことを考えて、準備していきたいなって思います。

二宮:去年優勝っていうのもあるんですけど、今回はパートナーも違いますし、今は目の前の試合で自分の良いプレーを出すっていうのを目標にしているので、勝ったらすごく嬉しいですけど、それよりも良いプレーをしたいなっていうふうに思っています。


ここ数か月、また一緒に組んで、いろいろ多分試行錯誤しながらやってきて、今年もあと数か月。今どういうお互い状況で、今年どういう感じで終われたら良いなというふうに思っていますか?

穂積:えっと私としては、何か月間かダブルスの出れるところに大会を選んでいってたんですけど、ここを最後にこの後半あと残りはちょっと2:5とかでシングルスのプレーを増やしていきたいと思っています。なので、真琴と組むのは今のところ今年はまだ予定してなくて、秋に10万ドルだったり125だったりWTAのがあるので、そこはまだどうなるかわからないんですけど。私はこれからシングルスに少しづつ移行していくので、今年はもちろん、ここはダブルス頑張って、この後はシングルスで少しでもランキングを上げられるように頑張りたいと思っています。

二宮:私はこのあともWTAの中国とか回って、まあWTA中心に回っていく予定なんですけど、ここのディフェンドなどもあるので今年は、うーんまあ今のランキングを維持して今年を終われたらいいな、ぐらいの目標です。
あ、来週から武漢北京はヤンザオシャンて中国の選手と組む予定で、そのあとは未定です。
ページTOPへ