• TOPICS トピックス
  • TICKET チケット
  • 試合予定と結果
  • ライブスコア
  • PLAYERS 出場選手
  • フォトギャラリー
  • MOVIE GALLERY ビデオギャラリー
  • ACCESS アクセス
  • VENUE MAP 会場マップ
  • OUTLINE 大会概要
  • HISTORY 大会の歴史
  • MAIL MAGAZINE メールマガジン
  • SPONSOR スポンサー

ポストマッチインタビュー

ガルビネ・ムグルッサ 選手

2022.09.23

シングルス準々決勝

センターコート 第3試合   1 2 3
●リュドミラ・サムソノワ
6 6  
ガルビネ・ムグルッサ (ESP)
4 2  

今日はトリッキーな相手でしたが、試合をどのように振り返りますか?

おっしゃる通りトリッキーな相手だったと思います。彼女はとても良いプレーをしていましたし、第1セットは結構互角だったと思います。2度、彼女のサービスゲームをブレークできました。ただ、私も2度(実際は3度)ブレークされて、互角だったのですが1セット目は負けてしまいました。そこから彼女はギアを1つ上げたようになり、どんどん良くなってポイントも重ねていきました。私はそこから追い上げて逆転するのは難しくなりました。

1セット目は接戦でしたが、どの時点で流れを失ったと思いますか?また、そこから立て直せなかった理由は何だったでしょう?

途中で私の両方のサーブが入らなくなりました。彼女はキーになるゲームでサーブを決めていてポイントを取りました。私はそこで何とかブレークしなければと思っていました。1セット目は互角でしたが、2セット目で彼女はこのセットを取る!という感じになり、たくさんのゲームを連取しました。

最初の試合後、あなたは「今年はタフなジェットコースターのようなシーズンだ」と言っていましたが、そこからどの程度回復していますか。

すでに回復はしています。そのことに悲しく思う必要もないと思っていますし、今日は良いプレーが出来たと思っています。ただ、彼女のプレーが私を上回ったということです。このことを考えすぎず前進を続けていきます。良いプレーが出来なかったと感じてしまう、これよりひどい負けを経験していますが、今日の試合は自分らしさも出せていたと思います。結果につなげられなかっただけです。

あなたにとってトリッキーなシーズンだと話していましたが、まだシーズンは終わってはいないものの、今年はスケジュール的に3年ほど前と似ている感じがします。選手たちは隔離をしなくてよくなり、アジアンスイングも一部戻ってきました。あなたにとっての今シーズンは、どのように振り返りますか?

私にとっては、これまで何シーズンもプレーし続け、すべてを良い形で保って来ており、今年のシーズンが始まるときには、これは厳しい年になるなと感じていました。でも、それが現実ですし、今はまだいくつか大会が残っています。タフなシーズンは恐れていません。過去にも経験がありますし、その後に素晴らしい年がやってきたこともあるからです。隔離がなくなり、東京の大会が再開されてとても嬉しいです。昨日、私はこの大会に出るのが8年目だと聞きました。また戻ってこられてすごく嬉しいです。

以前はもっとひどい負けがあったということですが、今日のような試合や良くないシーズンがあった後、それを乗り越え、その中からもポジティブな部分を取り出して先に進むのは、どのくらい重要なことでしょうか。

確かにタフだし、楽なことだとは決して言いませんが、こういう状況で悲しみに暮れないようにする経験も積んできました。これよりもひどい敗戦、ひどい状況を経験したことがあります。準々決勝で負けましたが、プレー自体は良かったです。ただ、彼女も自信を持って良いプレーをしていました。私も好不調の波をたくさん経験してきましたから、今回の敗戦に悩まされることはありません。今、自分が置かれている状況を恐れることは、まずありません。

今日の試合で、特に苦しめられたショットはありましたか。

彼女は良いサーブを持っています。強いサーブは鍵だと思います。ベースラインからもアグレッシブにハードな球を打ってきました。そして、ミスが少ないです。このコンビネーションは、相手にとっていいプレーをするのが難しくなりますし、私にフリーポイントを多く与えてくれませんでした。
ページTOPへ